瀬戸内、倉敷・児島、繊維の町。

大正時代より続く染工場。​

糸染め、反物染色、墨染め、藍染めとともにインディゴの手染めも加え、

時代の流れとともに変化し、進んでまいりました。

天然の藍の持つ魅力から、デニムの染料であるインディゴの奥深さを探求しつつ、

あくまでも手染めと藍色にこだわり、​日々、染めています。

​お知らせ

2020.5.18

SHOPページに2020春夏もの新作UPしました

TOPICS

高城染工場

倉敷市児島下の町7-2-6

[ TEL ] 086-472-3105

[ FAX ] 086-472-4660

© 2020 by Takashiro Senko

  • Black Instagram Icon